<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2017上半期を振り返り | main | 個展のお知らせ >>
solo exhibition in swizhland.

こんばんは。

 

スイス、チューリッヒで個展と金継ぎのWSをやらせて頂きます。

明日、日本を発ち、個展後はそのままスイスで短い夏休みを頂きます。

金継ぎはあちらの方も興味のある方が多く、初め1日だけだったのですが、翌日も

行うことになりました。

 

今年は前半うだうだし、笑、その後ひたすら試作や色の実験などをし、

夏休みも土日休みも取らず、製作に明け暮れておりました。

よって時間がたっぷりあったにも関わらず、いつものごとく追い込まれており

渡航前にはヘルペスや風邪に見舞われてしまいました。

今後の改善点ですね。

 

スイスから戻ったら横浜での個展が待っているので又すぐ製作に入ります。

体調整えなければ。。

 

という訳で、明日の出発前に少し気持ちを整理しておこうと思います。

 

先に書いたようにここ数ヶ月、私は内に閉じこもって製作にあけくれていた訳なのだけど、

それは何の為にやっていたのか、、

誰かの為なのか、私自身の為なのか、、

まぁ、両方の為なのだろう。

どちらか無くなってもバランスが悪くなってしまう。

 

仕事としてものを作っていると、

そのものの対価を頂くことになる。

私が思っている対価ほど、相手はそこに価値を見いだせないこともあるかもしれない。

逆もあるかもしれない。

でも仕方ない。

私は正直にものを作り、正直に価格をつけ、ぼったくろうなどと思っていないのだから

そこで怖じ気づく事はなにもない。

そこで怖じ気づいたら正直に作っていなかったことになるし、私が怖じ気づいたら作品がかわいそうだ。

売れたら嬉しいけど、売れなくても仕方ない(となかなか思えないけど。笑)

 

ここ最近、私の思いを逸脱して作品が出来ればいいなぁと思っている。

というか、私の思いや技術だけで作品が出来上がっていないという事に改めて意識を向けている。

沢山の原子やエネルギーや素材がそこに集まって、奇跡的に形と色を成す。

地球上で一つしかないものがそこに出来上がる。

私たちと同じ、唯一無二のもの。

だから個展は私と、この色々な集まりの共同作業。

徳山久見子と沢山の素材とエネルギー展なのだ。笑

 

さ、明日早いから寝よう。

 

 

 

 

スポンサーサイト