<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
達観とは

お久しぶりです。

前回の更新から半年近く経っていました。

 

その間展示会やら色々ありましたがお知らせこちらではお知らせできておらずでした。

 

今宵たまたま外に出ると、やけに空が広く感じてびっくりしました。

秋の空ってこんなに広く感じるものでしたでしょうか。

明日は中秋の名月ですが残念ながら明日からは雨予報。

今日見れて良かったです。

空が広く見えたのはそのお月さんの影響もあったのかもしれません。

 

今年の夏、

良く<達観してる>という言葉を言われました。

私はそう言われて悪い気はしなかったのですが、

昔の友人にそんな事ないよと言われたので少し微妙な心持ちになりました。

この人は私が人の気持ちにたって物事を見れるし、と言っていたので

多分<達観>という言葉をあまり良くない意味(人と距離をとるとか、冷ややかな感じ)で

理解しているのかなぁと思いました。

 

いずれにしても皆さん褒めてくれてると思う事にしました。

皆私の味方なので(笑)

 

この事を思い出したのは樹木希林さんが亡くなったからでした。

この人は表面的には動じない、淡々としているように見えるけど、

内面は違うんだろうなぁ。

それを自分でわかっているから演じている部分も多々あったのだろうと思う。

ただ、演じていても根底に物事を受け入れるということができていたから自然に演じられたのだろう。

歳を経て、自分のふつふつとした内面を抑える為に演じてきてたことが

地に身についてきた。

勝手にそんな風に感じました。